台東区に住もう!

台東区の情報満載!住みよい街、「台東区」の情報をお届けします。

 1947年(昭和22年)、地方自治法の制定によって下谷区と浅草区が合併し、台東区は誕生しました。区名の「台東区」は、もともと気品の高い文字である、上野の高台の「台」と、その東にある下谷や浅草の下町を連想させる「東」を組み合わせたものです。

 東京で最も古い市街地のひとつで浅草橋界隈などはいまだに大正、昭和初期の町並みや風情が残っています。美術館や博物館も多く、東京芸術大学などアートの発信地にもなっています。東京23区の中心からやや東側に位置し、面積は23区中で最小で人口は18万人に上ります。浅草寺、上野公園、アメ横などの観光地や三社祭り、浅草サンバカーニバルなどの催事・イベントなどがあり、年間約4000万人の方が訪れています。

台東区の観光スポット
浅草寺 浅草寺は建立から1400年、東京都内最古のお寺です。観音菩薩を本尊とすることから「浅草観音」の名称で広く親しまれています。入り口にある「雷門」や雷門をくぐった参道の仲見世通りは観光スポットとしても有名です。
上野恩賜公園 上野恩賜公園は1873年に日本で初めて公園に指定された公園です。博物館や動物園等、多くの文化施設が集中して立地しており、西郷隆盛像やサクラでも有名です。宮内省から東京市に払い下げられた経緯から「恩賜」の名称が付いています。
上野動物園 1882年に日本で初めて開演した動物園です。飼育動物の種類は日本で最も多く、日本一の入園者数を記録しています。園内には、西園と東園を結ぶ日本初のモノレールも走っています。
東京国立博物館 上野恩賜公園内にある日本最古の博物館です。本館、表慶館、東洋館、平成館、法隆寺宝物館の5つの展示館と資料館等で構成されています。毎年100万人を超える来館者が訪れます。
アメヤ横町 戦後の闇市から発祥した商店街。当初、飴を売るお店が多かったことから「アメヤ横町」と呼ばれるようになりました。現在は、食品、雑貨、衣類、宝飾品などのお店が軒を並べています。年末が近づくと多くの店が正月用の食品を取り扱うようになり、年の瀬の風物詩としてテレビやラジオで紹介されています。

 

台東区の催事情報
三社祭 毎年5月に行われる浅草神社の例大祭。5月第3週の金・土・日曜日に行われます。正式名称は「浅草神社例大祭」。
浅草サンバカーニバル 1981年から行われているサンバのパレード及びコンテスト。毎年8月の最終土曜日に開催され、約50万人が訪れています。
入谷朝顔まつり 毎年7月6日から8日まで開催される、日本最大の朝顔市です。120軒の朝顔業者と100軒の露店が並びます。

 

台東区ホームページ イベントカレンダー 暮らしのガイド 施設案内
文化・観光情報 区政情報 引っ越したら  
イベント情報 建売物件情報 土地物件情報 施行事例 WEBチラシ